読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

STMのブログ

人生の師、矢部廣重先生が説く、『ビジネス帝王学』自習ノート

たった一枚の紙で埋もれない会社を創る

事業継続の重要なポイントの一つは、

「同業他社との差別化」と言われています。

 

つまり・・

「埋もれない会社を創る」ことです。

 

それは分かってはいるけど、

どこを、どうすれば、埋もれない会社にできるのか、

その方法が分からない、

という方も少なくないように思います。

 

そのようなときに大活躍する一枚の紙。

それが、『喜びの大研究チャート』です。

 

このツールのフレームは、とてもシンプルです。

 

まず・・・

あなたの会社がお客様に提供している

商品やサービスなどに対する評価軸として

縦軸にお客様の気持ちを6段階で書きます。

 

具体的には、下から・・・

 

6.【絶句】

5.【スゴイ】

4.【マイッタ】

3.【一味違う】

2.【当たり前】

1.【ダメ・・】

↑[縦軸]

 

次に・・

その商品やサービスなどを構成している要素を

横軸に書き上げていきます。

 

例えば、

埋もれない年賀状をお客様に出したい場合、

次のような年賀状の構成要素が浮かびます。

 

【大きさ】【紙質】【デザイン】【文字の色】【切手】・・・

[横軸]→

 

そして・・

当たり前の年賀状を思い浮かべ、

【当たり前】レベルの列に

その【大きさ】~【切手】を書き入れます。

 

さらに・・

一味違う年賀状にするために

【一味違う】レベルの列に

【大きさ】~【切手】の各要素を

一味違うものに変えて書き入れます。

 

ここで、次の形に変えてできる一味違う年賀状を

想像してみてください。

 

【大きさ】⇒ A5版に。

【紙質】⇒ 段ボールに。

【デザイン】⇒ 立体的に。

【文字の色】⇒ 7色(レインボーカラー)に。

【切手】⇒ 干支の切手に。

・・・

 

実際、この一味違う年賀状をお客様に送ると

「500通を超える年賀状の中でナンバー1でした!」

というお礼状が届きました。

 

ここでは、イメージしやすいように

年賀状をテーマとして取り上げましたが、

テーマを変えて、次のステップで考えれば

同様に活用できます。 

 

①あるテーマを構成要素に分解し、

②それぞれを6段階の独自モノサシで評価し、

③それぞれをレベルアップして、

④再統合する。

 

私が矢部先生から授かった最強のビジネスツール

このたった一枚の紙ですが、

シンプル故に応用範囲が広く、効果も絶大です。